交通系ICカードに魅せられた男の記録【関東編】

交通系ICカード紹介記事、記念すべき第1弾は関東編です。

f:id:pegumo931:20180917220443p:plain

関東のICカードは本当に素直なものが多いです。

基本的にSuicaPASMOがあればまあ困らない。

入手難度も全体的に低め。うーん便利。

 

(導入編はこちら)

pegumo931.hatenablog.com

 

 

全国相互利用

SuicaJR東日本

f:id:pegumo931:20180910220307j:plain

【購入時期】

2011年3月。

東日本大震災を機に初めて関東に長期滞在した際に買いました。

一番最初に買ったICカード

【購入場所】

どこだったかな。新宿駅とか?(適当)

本当にどこでも買えるので便利ですよね。

【売価】

デポジット(500円)+チャージ

【思い出】

田舎生まれ田舎育ち 磁気切符使ってる奴らは大体友達 なので、

初めて「タッチ&ゴー」を体験した時はいたく感動しましたね。

 

【豆知識】

ちなみに意外と知られていないことですが、

Suicaは Super Urban Intelligent CArd の略です。

 

直訳すると「超都会的で知的なカード」

自意識がすごい。

 

福岡市交通局はやかけんなんて「やくて・さしくて・いてきな・」だぞ。

もうちょっと謙虚になれ。

 

Suicaユーザのみなさんは明日から改札でタッチするたびに「超都会的で知的なカード」と頭の中で念じましょう。

これであなたも超都会的で知的な社会人の仲間入りです。

 

 

あと、すいすい行けるICード」ってのもかかってるらしいです。

 

また、よくよくデザインを見ると『西瓜』にもかけてるのか、

全体的なカラーリングが緑だったり、右上の路線図がイカっぽく見えませんか?

 

……

 

そろそろICカードの面白さに気付きはじめてませんか?

 

PASMO(首都圏私鉄各社)

f:id:pegumo931:20180910220430j:plain

【購入時期】

2016年

【購入場所】

横浜駅京急

【売価】

デポジット(500円)+チャージ

【思い出】

前の会社の勤務先の1つが横浜(京急沿線)だったため、赴任時に定期券として購入。

当時はSuica以外のICカードの存在なんて知らなかったので、「は?なんでPASMOとかいうわけわからんやつでしか定期作れないんじゃ!Suicaと2枚持つの邪魔じゃい!」と思っていました。

その時こそはICカードを集める気なんて毛頭なかったのですが、なんやかんやでデザインが気に入ったこともあり、人事異動で横浜を離れることになった際に定期解約&無記名PASMOを新規購入し、ずっと持ち続けています。

 

【豆知識】

Suicaは「Super Urban Intelligent CArd」。

じゃあPASMOは?もちろん由来があります。

PASMOの名称はICカードが導入される前、関東私鉄各社が共通で導入していたパスネットという名前の磁気カードに端を発します。

 

パスネット」を更に(more)発展させたカード。それがPASMOです。

スーパーなんちゃらより都会かぶれしてなくて好感が持てる。(私感)

 

東京都

別に東京以外でも使えるけど東京でしか買えないので一応都道府県括りに。

モノレールSuica東京モノレール

f:id:pegumo931:20180910220351j:plain

【購入時期】

2016年くらい。

ICカード集めの初期段階で購入。

【購入場所】

東京モノレール 羽田空港第1ビル駅

【売価】

デポジット(500円)+チャージ

【思い出】

会社の出張の際に時間があったので購入。

Suicaとは機能面ではまったく同じだが、券面が東京モノレールのデザインになっている。

名前にはあんまり捻りがない。

 

りんかいSuica(東京臨海高速鉄道

f:id:pegumo931:20180910220412j:plain

【購入時期】

2016年夏

【購入場所】

大崎駅構内

【売価】

デポジット(500円)+チャージ

【思い出】

東京ビッグサイトでなにやら本を買うイベントに行った際に購入。(すっとぼけ)

これまたSuicaとは機能面ではまったく同じだが、券面が独自デザインになっている。

りんかい線のイメージキャラクター「りんかる」が描かれていてかわいい。

 

 

茨城県

でんてつハイカード(日立電通交通サービス)

未所持。購入次第追加します。

【購入時期】

【購入場所】

【売価】

【思い出】

 

いばっピ(茨城交通

未所持。

【購入時期】

【購入場所】

【売価】

【思い出】

 

 

……というわけで関東編はあっさり終了しました。

こんな雑な感じでいいのか?と思いつつ、追記したくなったらコソコソ修正しておきます。

 

所感としては流石SuicaPASMOのお膝元といったところでしょうか。

全体的に無駄がなくて美しい。

首都機能を担う東京はもちろん、

人口集中地域の埼玉・千葉・神奈川。

新幹線が通り、関東と東北を結ぶ要衝である栃木。

同じく北陸との窓口になっている群馬。

関東一円の結束力が窺い知れますね。

あと茨城は干しいもをたくさん作ってて偉い。

 

 

次回は中部編を予定しています。

こちらは関東とは打って変わって珍しいものが多いので、記事の書き甲斐がありそうです。

 

以上

 

 

pegumo931.hatenablog.com