このブログについて

 

オタクの備忘録です

 

未払い残業代回収シリーズ

●すべての始まり

 

●調子に乗って友人の残業代も回収

 

残業代で行った南米ボリビアシリーズ

●準備編~ウユニ突入回


●ウユニ塩湖でサイリウムや大閃光(UO)を焚いた回


●日本では違法のコカ(コカインの原料)でラリった回


●帰国途上でロストバゲージしたりした回

 

趣味の交通系ICカード集め・解説(気が向いたら更新)

●導入編


●関東編

 

●中部編


 ●近畿編

そのうち

 

単発シリーズ

●珍獣屋に行ったけど後編を書き飽きたやつ


喫茶マウンテンの4大マウンテンを1日で制覇したやつ


●うんこミュージアムでいたく感激したやつ

 

 

 

 

【永久保存版】退職済み・証拠ゼロでも!未払い残業代は請求できる!【証拠がなければ出させればいい】

 

こんにちは。ぺぐもです。

 

昨年の4月頃に以下のような記事を投稿し、身内だけで褒めそやされ天狗になっていたらいつの間にか1年が経過したようです。

pegumo931.hatenablog.com

 

たかだか50万や60万そこらの金をブラック企業から奪いとったネタでブイブイ言わせるのもそろそろ限界を感じてきたため、今回は続編として新たな未払い残業代を求めて戦ってきました。(戦闘狂)

 

本日のお題は

「退職済み・証拠ゼロから請求する残業代」

 

協力してくれたのは前回に引き続き「旧ぺぐも社」と、今回初登場・旧社同期の「結城くん(仮名・退職済み)」です。

はてさてどうなる? 

 

 

忙しい人のための結論

遅延利息を含めた請求金額(100万円超)を耳を揃えて勝ち取りました。

 

以下にそこに至るまでの長い道中を記します。(本当に長かった)

 

結城くんの話

結城くんは人当たりが良く、私とは違い、残業も嫌な顔一つせず淡々とこなす真面目な好青年でしたが、その真面目さが彼を苦しめることとなりました。

先輩や上司に言われるがまま、平日は深夜遅くまで働き、誰よりも早く出勤する毎日。付け加えて毎週のように休日出勤をさせられ、それらの労働がほとんど「サービス」として闇へ葬られた結果、蛇口から垂れる水がコップを満たすが如く、黒い感情が少しずつ彼の中に蓄積されていくようになったのです。

 

私が転職先から内定をもらったのと時を同じくして別の企業に内定をもらった結城くんは、それを境に会社への一切の忠誠心を失い、のらりくらりと引き止めをしようとする上司面談で「なんでこんなに話が通じねえんだよぉ~~!!!」と部屋の外まで聞こえるような豹変ぶりで退職をもぎ取ったのち、颯爽と職場を去って行きました。

そのスピード感はとても速いもので、同期連中からは「ぺぐもが同期で一番早く辞めると思ってたわ笑」などと失礼な驚かれ方をされるほどでした。お望み通り私も数ヶ月後に職場を後にしましたが。

 

しかしながら、結城くんの不幸は転職で帳消しになったわけではありません。彼はその人柄の良さゆえに「サビ残をした証拠」をまったく集めていなかったため、未払いの残業代に関しては完全に泣き寝入り状態で新天地へと向かうことになったのでした。

 

再会。そして共闘

転職後、偶然にも勤務地が近かった私と結城くんは運命の再会を果たしました。

闇に葬られた彼の残業代の大きさは、近くにいた私が一番知っていたため「時効の2年(*)が切れる前に請求しよう」という熱烈なアプローチを仕掛けました。

* 労働基準法

(時効)
第百十五条 この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は二年間、この法律の規定による退職手当の請求権は五年間行わない場合においては、時効によつて消滅する。

e-Gov法令検索

 

結城くんを助けたい思いはもちろんありました。しかし、それ以上に私を突き動かしたのは、サビ残などという不法行為で私をコケにした会社に対し、できうる限り最大の復讐をしようという「私怨」だったのかもしれません。

決意を抱いた結城くんとの相談の結果、作業分担は以下のようになりました。

 

私:根拠法令調査・方針検討・文書作成・未払い金計算

結城くん:郵便局で文書発送

 

完全に私怨だこれ。

結城くんをスケープゴートとしたぺぐも vs 旧ぺぐも社の第2戦の幕明けです。

 

第1ラウンド:証拠を集めよう

 

まずは手持ち武器の確認だ

兎にも角にも重要なのは証拠です。

根拠がなけりゃ数字は出せない、数字が出せなきゃ請求はできない。

まずは退職時の私と比べた結城くんの手持ちの武器を確認します。

多少足りなくとも他の武器で補えばいいですからね。

 

【私(退職時)】

労働協約(原本)

・給与明細(原本)

・タイムカードのコピー

・勤怠管理システムのスクショ

・残業時間・内容の手書きメモ

  

【結城くん(現在)】

・なし(退職時に全部捨てたため)

  

???

マジで「ゑっ………………?」って声出た。

これ勝ち目あるのか?

 

ゼロから始める未払い残業代請求(MF文庫J

さてどう戦うか。取れる選択肢は一つ。

証拠がないなら会社側に出してもらえばいいのです。

 

法は「法を知る人間」を助く

インターネットで検索すると「証拠は出してもらえる」「いやいや出してもらえないよ」など有象無象の記事が大量に出てきます。

そんな中、私が注目したのはこのページ。

www.mibarai.jp

 

こちらで紹介されている「大阪地裁 平成22年7月5日判決(医療法人大正会事件)」の判決文には以下のような記述がありました。

一般に労働者は,労働時間を正確に把握できない場合には,発生している割増賃金の支払いを求めることができず,大きな不利益を被る可能性があるのに対し,使用者がタイムカード等の機械的手段によって労働時間管理をしている場合には,労働時間に関するデータを開示することは容易であり,使用者に特段の負担は生じないことにかんがみると,使用者は,労基法の規制を受ける労働契約の付随義務として,信義則上,労働者にタイムカード等の打刻を適正に行わせる義務を負っているだけでなく,労働者からタイムカード等の開示を求められた場合には,その開示要求が濫用にわたると認められるなど特段の事情のない限り開示すべき義務を負うと解すべきである。そして,使用者がこの義務に反して,正当な理由なく労働者にタイムカード等の打刻をさせなかったり,特段の事情なく開示を拒絶したときは,その行為は違法性を有し,不法行為を構成するものというべきであり,原告の請求には理由があるから,被告は原告に対して慰謝料の支払義務を負うというべきである。

 

平たく言えば「タイムカード等で時間管理してるんだから、いつ労働者から開示請求されても答えるべきだよね。後ろめたいことがないならさ(ニッコリ)」ということになります。

 

加えて、みんなを守ってくれる労働基準法に次のような条文を見つけました。

(記録の保存)
第百九条 使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を三年間保存しなければならない。

e-Gov法令検索

即ち、未払い請求時効の「2年」が切れていない現時点で、タイムカードを含む賃金関係書類は「3年間の保管期間中」のために確実に御社に保管されている。

万が一にも「廃棄しちゃったから出せないわ~ごめんね!」などと抜かしてきた場合にはこっち(109条違反)方面で突っ突けるわけです。

 

これまでの整理すると以下のようになります。

・未払い賃金の請求権の時効は2年(労基法115条)

・タイムカード等の保管期間は3年なので確実に残されている(労基法109条)

下級裁判所判例とは言え、『大正会事件』の前例から労働審判等に持ち込んでも勝てる目算がある

 

結城くんとも共有し、「最悪、裁判まで戦う覚悟」をお互いに確認し合います。

復讐を始めよう。アベンジャーズのBGM)

 

証拠請求!……の前に、「催告状」で時効の猶予を確保しよう

 

時効の中断の条件は?

先にも書いたように、未払い請求権は2年で時効(消滅時効)を迎えてしまいます。

実際に我々が動き始めたその瞬間にも、一番最初の時効(=未払い残業代が発生した最初の月の給料日から2年目)が迫ってきていました。

このままでは請求できるかどうかも確実ではない証拠を引っ張ろうとする間に次々と未払い金たちが時効を迎えてしまう……。

なんとか時効を伸ばせないものか……?

 

なんとかできそうな記事がありました。すごいぞインターネット。

www.mibarai.jp

hataraquest.com

 

記事によると、時効の中断については以下のように解釈できそうです。 

 

時効を中断(リセット)できれば心置きなく戦える

民法147条によれば、この消滅時効は①請求、②差押え、仮差押え又は仮処分、③承認によって中断(=それまでの時効期間が時効完成要件にできなくなる=リセット)されるとあります。

(時効の中断事由)
第百四十七条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求
二 差押え、仮差押え又は仮処分
三 承認

e-Gov法令検索

 

3つの中断の条件のうち、今回の我々が狙える選択肢としては

①請求(民事での訴訟)

③承認(会社側に「未払い金があること」を認めさせる)

の2つが考えられました。

 

中断には時間がかかる……そのための「催告」

しかしながら、「時効の中断」のための裁判手続きなどの準備を行おうとすると、2年などという年月はあっという間に過ぎ去ってしまい、もらえるはずだった残業代は右から左へとどんどん時効を迎えてしまいます。

それを防ぐのが「催告」による時効中断措置の『猶予確保』です。(民法153条)

(催告)
第百五十三条 催告は、六箇月以内に、裁判上の請求、支払督促の申立て、和解の申立て、民事調停法若しくは家事事件手続法による調停の申立て、破産手続参加、再生手続参加、更生手続参加、差押え、仮差押え又は仮処分をしなければ、時効の中断の効力を生じない。

e-Gov法令検索

 

つまり、催告を行うことで6ヶ月の消滅時効「中断の猶予期間」が与えられるのです。

この6ヶ月の間に民事での訴訟 or 会社側に未払いを認めさせれば、民法147条で認められた要件が満たされ、「時効の中断」が成立するという寸法です。

注意したいのは「時効の中断≠時効がなくなる」であり、催告を行ったのちにまごまごしていると再び時効の危機が訪れてしまう点なので、スピード感重視で動いていきましょう。

 

f:id:pegumo931:20190614140904j:plain

出典:残業代請求の時効は2年!時効を止める方法や注意点、例外などを解説

 

勝利までの道筋が見えてきた

以上のことを踏まえ、勝利までのマイルストーンを次のように設定しました。

 

1.以下の書類を会社側に送付する

 ・「証拠の要求」…タイムカード等の計算資料の請求

 ・「催告状」………6ヶ月の中断猶予期間の確保

2.証拠が届き次第、未払い金額の算出

3.「請求書」による請求(時効中断要件ではない)

4.会社側が未払いを「認めた」場合(=承認。時効中断)

  →会社側からの支払い。勝ち。

4’.会社側が未払いを「認めない」場合

  →弁護士に相談。

  →最終的に赤字が出ても良いので会社側を提訴。(=請求。時効中断)

  →裁判に会社名を出すことで社会的信用を毀損させる。心理的に勝ち。

  →支払いが行われれば完全勝利。

 

注意:1から4まで6ヶ月(猶予期間内)で終わらせる必要あり

 

証拠請求の時間だオラァ!

ようやく光明が見えてきました。

第1ラウンド(証拠集め)の勝利条件は以下の4点です。

○確実に勝ち取りたいライン

・タイムカードの写し(実労働時間計算用)

・勤怠管理システムの記録(申告労働時間計算用)

・給与明細(実際に支払われた残業時間数の確認用)

 

○これができたら完全勝利ライン

・未払い請求権の時効中断までの猶予期間をもぎ取る

 

催告状を書こう

やることが決まれば後は頭は使わず、ひたすら手を動かす時間です。

文面?そんなもんネット上に転がって文例の流用でいいんだよ(適当)

www.bizocean.jp


この辺を参考にしながら、催告状の作成に取りかかります。

文例では「正確な金額を書きましょう」とありましたが、当然、正確な金額などわかる由もありません。なんたってそれを算出する根拠をこれから請求するので。

 

とはいえ、悩んでいてもこれしか方法はありません。

この際、法的に有効かどうかは後ほど司法の手に委ねることにし、【催告状】とだけ表面上だけ取り繕い、本文中で「金額の計算に必要だから資料ちょうだいね」と便乗する荒業に。

 

ついでに「●日以内に送らなかったら労働審判起こすからな」と法的措置の匂いもちらつかせることで釘を刺した(つもり)の文章を練り上げました。

 

 催告状
 私は、平成●年●月●日から平成●年●月●日まで貴社の従業員として勤務しておりました。
 しかし、貴社は私に対して、賃金の一部を未だ支払っていません。
つきましては、金員の請求に先立ち、上記の未払い金額を確定させるため、該当期間中の私のタイムカードのコピー、当時の勤怠記録の提出及び給与明細の再発行を請求します。
 尚、本書面到達後7営業日以内に当該書類の発送なき場合には、遺憾ではありますが、労働審判等の必要な法的措置を講じることを申し添えます。
 以上

 

郵送方法はいつもの

前回の私の未払い残業代請求記事でも紹介しましたが、会社側に「そんな手紙受け取ってないよ?」と嘯かせないために、郵送方法はケチらず、ガッチガチな法的な証拠として残るように内容証明+配達証明で送りましょう。

内容証明とは

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

内容証明 - 日本郵便

配達証明とは

一般書留郵便物等を配達した事実を証明します。

 配達証明 - 日本郵便

 

内容証明で郵便局側に謄本を保管してもらうと同時に、配達証明によって「いつ送り先に配達されたのか」の通知を受け取り、証拠として大切に保管します。

 

一番大事なのはこの証拠が使えるかどうか、ではなく、「ここまでガチガチなオプションをつけて送ってきた=相手は本気」と会社側に悟らせることです。まともな会社ならちゃんと対応してくれるはずです。

まともじゃない会社ならまっすぐ弁護士事務所に駆け込みましょう。

 

入電。直接バトルへ。

催告状を内容証明で送ってから1週間後。

結城くんの携帯電話に御社から着信があったようです。

連絡内容は「催告状の内容について確認したいから一度会って話がしたい」の一点張りとのこと。

ここで変に意固地になって拒否したりすると、あとあと裁判沙汰になった際に『こちら(会社)側から十分なコンタクトを取り、事前の和解を計ったが応じてもらえなかった』などと不利な証拠になりかねないのでは?と危惧し、結城くんには一言、「応じるべき」とだけアドバイスをしました。

 

一時間後、「タッグ組んで迎え撃つぞ!」と熱いお誘いが。

え。俺も行くの?

 

f:id:pegumo931:20190603010019j:plain

 

お久しぶりです。部長。

御社との打ち合わせ当日。

事前に別の場所で落ち合ってから一通り作戦会議をし、こちらが指定した集合場所へ向かったところ、懐かしい顔が。

そう、私が前回自分の未払い金を請求した時に何回かやり取りをした部長氏である。元気だったか?

 

ぺぐも「今日はよろしくお願いします。」

部長「ま、結城さんがどうしても2人で、ということだったので……」

 

不承不承、といった感じの表情。一生関わりたくなかったのかもしれない。

適当なカフェに入り、飲み物を注文して軽く挨拶をしたのち、本題スタート。

 

部長「話を始める前に、『労働審判も検討されている』とのことだったので、一応こちらとしても言った・言わないの話にならないよう、会話を録音させてもらいます。よろしいですか?」ボイスレコーダーちら見せ)

 

初手で裁判の話を持ちだしてきてジャブを打ってくる御社。

思わぬ好戦的な態度にたじろぐ私たち……ではなく、こちらも挨拶時から既にスマホの録音機能をONにしてポケットに忍ばせていたので、快くOKしました。

証拠は互いにガッチリ握り合おうや。

 

決着

会社側との確認事項とこちら側からの説明は以下のようになりました。

 

1.なんで今の時期(退職後2年近く経過)になってからの請求?

→私(筆者)が未払い請求した話は以前から結城さんにしており、その際に消滅時効の話もしていたため、ギリギリまで考えて出した結論が今回の請求である。

 

2.在職時、上司には相談した?本人に確認したところ相談はなかったらしいが?

→確かに結城さんからの相談はしていないようである。

しかしながら、私からは課長に何度も相談をしていた。その際には実際の労働時間に関係なく「労働時間に見合う対価を出したのか?」など、あたかも給与制度が歩合制であるかのような詰問をされたうえ、あまつさえ残業時間上限を超えた分については「上の方から怒られちゃうからさ」と目の前で申請時間を過少に修正されたことがある(ここはボイスレコーダーを意識してはっきりと大声で話した)。

当然、同僚である結城さんには私からその話は伝えており、それが結城さんからの直接の相談を萎縮させる一因となったのではないかと考えている。

 

3.催告状の内容的には法的に十分有効とは言えないけど、こちら側の誠意として6ヶ月の時効中断猶予期間は見ることにします。あとこれは請求された資料一式ね。

→ありがとうございます……!御社に入れて本当に良かった……!

 

時効の猶予に関する正確な月日等を確認し、解散。

全部アドリブで乗り切ってすごくドキドキした。

他人の人生背負ってこれをやる弁護士はすごいなあと改めて思う。

 

先方は予想していたよりも終始誠意ある対応だったし、もしかしてこの会社ホワイト企業なのかもしれない。そんな企業に勤められる社員さんが羨ましいですな。

あとはボイスレコーダーに残して持ち帰らせた課長の悪行のオフィシャルな記録がなんやかんや人事考課に響いてくれるとディ・モールト ベネ。

俺をコケにしたことを一生悔やんでくれ。

 

帰り際に部長氏から「我々も弁護士等に事前に相談して準備はしておくので……」と釘を刺されたました。おっやる気か?とことんまで付き合うぞ。

 

第1ラウンド:結果

○確実に勝ち取りたいライン

・タイムカードの写し(実労働時間計算用)     →ゲット

・勤怠管理システムの記録(申告労働時間計算用)  →ゲット

・給与明細(実際に支払われた残業時間数の確認用) →ゲット

 ○これができたら完全勝利ライン

・未払い請求権の時効中断までの猶予期間をもぎ取る →ゲット 

  

はい完全勝利

 

第2ラウンド:未払い金を請求しよう

1.以下の書類を会社側に送付する

 ・「証拠の要求」…タイムカード等の計算資料の請求(済)

 ・「催告状」………6ヶ月の中断猶予期間の確保(済)

 2.証拠が届き次第、未払い金額の算出 ←イマココ!

 3.「請求書」による請求

無慈悲な未払い金算出マシーン

タイムカード、申請した勤怠管理システムの写し、給与明細。必要な素材は集まったのでこれらを料理して「実際の労働時間」「申請した労働時間」「未払い賃金」を算出する。

これに関しては前回の自分の請求の時にやったこととほぼほぼ同じなので、同じExcelシートを流用することで動きは割とスムーズにできた。

 

特筆するとすれば、自分の時には完全拒否して一度もやらなかった「サービス休日出勤」や「36時間勤務(打刻ミスではない)」などのえげつないイレギュラーな労働形態のせいで関数エラーを起こして組み直したくらいでした。

いやあホワイト企業はんは働き方改革もえろう進んではりますなあ。

 

当然ですが残業代は1分単位で計算します。

世の中には15分・30分単位での申請しか認めない会社が多いそうですが(旧社もそうだった)、労働基準法では「残業させたら全額支払うこと」とあるため、残業時間の切り捨ては認められていません。

(賃金の支払)
第二十四条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

 e-Gov法令検索

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第三十七条 使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

 e-Gov法令検索

 

なお、行政通達(昭和63年3月14日基発150号・婦発47号)により、1ヶ月の合算内の30分未満の残業時間は切り捨てOK、となっているためこの限りではありません。(1時間未満30分以上は切り上げ)

二 割増賃金計算における端数処理

次の方法は、常に労働者の不利となるものではなく、事務簡便を目的としたものと認められるから、法第二十四条及び第三十七条違反としては取り扱わない。

(一) 1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。

http://www.joshrc.org/~open/files/19880314-001.pdf (221ページ)

 

利息計算は忘れない

前回、自分の未払金を請求した時と違う点がもう1つ。

請求時期が「在職中」か「退職後」か。これが異なると、利息の種類・利率・根拠法すべてが異なってきます。

 

在職期間中の未払金の利息には「商法」が適用され、「遅延損害金」という名目の利息がつきます。年利6%

(商事法定利率)
第五百十四条 商行為によって生じた債務に関しては、法定利率は、年六分とする。

 e-Gov法令検索

 

しかしながら、退職以降の期間には商法は適用されなくなってしまいます。

代わりに適用されるのが賃金の支払の確保等に関する法律(賃確法)に基づく「遅延利息」

利率は驚くなかれ、脅威の年利14.6%

(退職労働者の賃金に係る遅延利息)
第六条 事業主は、その事業を退職した労働者に係る賃金(退職手当を除く。以下この条において同じ。)の全部又は一部をその退職の日(退職の日後に支払期日が到来する賃金にあつては、当該支払期日。以下この条において同じ。)までに支払わなかつた場合には、当該労働者に対し、当該退職の日の翌日からその支払をする日までの期間について、その日数に応じ、当該退職の日の経過後まだ支払われていない賃金の額に年十四・六パーセントを超えない範囲内で政令で定める率を乗じて得た金額を遅延利息として支払わなければならない。
2 前項の規定は、賃金の支払の遅滞が天災地変その他のやむを得ない事由で厚生労働省令で定めるものによるものである場合には、その事由の存する期間について適用しない。

e-Gov法令検索

 

即ち、在職中に請求すると「遅延損害金」がつくだけ。

退職後に請求すると退職日までの日割りで計算した「遅延損害金」に加え、退職日翌日起算の「遅延利息」が付与されます。

今回の結城くんの場合は退職後の請求かつ2年の時効ギリギリの請求だったため、ほぼ理論値MAXの算出となりました。計算しててめちゃくちゃ楽しかった。

 

参考:利息の計算方法

○遅延損害金

→各月の未払い金について、年利6%で給与支払日の翌日起算、退職日まで年365日の日割りで計算(退職前なら請求日まで)。各月の計算結果の総和が遅延損害金に相当。

(例)2019/3/31に退職。2018年3月分給与(2018/4/25支給)について

 計算式:A *0.06* (d/365)

・A = 2018年3月分の未払い金

・d = 340(2018/4/26~2019/3/31までの日数)

これを4月分、5月分、……について計算した総和が遅延損害金。

 

○遅延利息

→未払い金総額について、年利14.6%で退職日の翌日起算、請求日までの年365日の日割りで計算。

(例)2019/3/31に退職。2020/3/31に未払い請求について

 計算式:B *0.146* (d'/365)

・B = 在職中の未払い金総額

・d' = 366(2019/4/1~2020/3/31までの日数) 

 

あとは請求書を作るだけ

1.以下の書類を会社側に送付する。

 ・「証拠の要求」…タイムカード等の計算資料の請求(済)

 ・「催告状」………6ヶ月の中断猶予期間の確保(済)

 2.証拠が届き次第、未払い金額の算出(済)

 3.「請求書」による請求 ←イマココ!

 

念入りに検算したらあとはこれを御社に送ってあげるだけです。

もうウィニングランですね。

 

請求書本文→内容証明+配達証明

請求書内訳(Excel写し)→書留+配達証明

で送りましょう。

内容証明は文字記号で構成された文書しか受け付けてもらえません。

 

請求書本文もインターネットに溢れている雛形丸パクリです。

最後に交渉の余地を残しておくことで、将来的に司法の手に委ねる事態になった際に「こちらとしては強硬姿勢を取るつもりはなくあくまで穏便に済ませたかったのですが、どうしても御社側が対応してくれなかったため止むを得ず訴訟に踏み切りました……」と優位に立てるかな?と予防線を張ってあります。

 

 請求書
 私は、平成●年●月●日から平成●年●月●日までの間、貴社の従業員として労務に服しておりました。その間に行った時間外労働等の一部について、下記の通り正当な賃金の支給を未だ受けておりません。

平成●年●月●日から平成●年●月●日分
未払賃金        ●●●,●●●円
遅延損害金及び遅延利息 ●●●,●●●円
請求額        金●,●●●,●●●円
(但し算定日は平成●年●月●日)

 つきましては、本書到達後7日以内に前述の請求額を私の口座(●●銀行●●支店 普通預金 口座番号:●●●●●●● 口座名義人:●●●●)に振り込む方法によってお支払い頂けるよう請求いたします。未払賃金の詳細については、未払賃金計算書を別途書留にて郵送しましたため併せてご確認ください。
 万が一、本書到達後7日以内に入金の確認ができない場合、誠に遺憾ながら本件を含めた労働基準監督署への申告および労働審判手続きの申立て等の法的措置をとらせていただきます。
 しかしながら私は本件を早期かつ穏便に解決することが双方のためであると考えており、司法の判断を仰ぐ形での解決を望んでいるわけではありません。貴社から関係法令に基づく反証あるいは適切なご提案があれば真摯に検討させていただく用意もあることを申し添えます。
 以上

平成●年●月●日

 

第2ラウンド:結果

請求書を送付して一週間後、支払期限の日。

結城くんの元に「金額を確認してもらったのち、速やかに指定の口座に支払う」旨の連絡が。

 

早速メールを転送してもらい、支払金額を確認。

しっかりと根拠法令などで足固めしたことも幸いし、請求金額の全額が未払い金であることが認められていました。

会社側の『承認』があったため消滅時効は中断されたわけですが、「速やかに支払う」とも書かれていたことから今後の係争などは特に発生せず、穏便に終わりそうです。

 

よって、大 勝 利 です。

 

やったーーー!!!!!!

 

成功報酬

 他人の残業代を御社からぶん取り返した金で食う肉、最高に美味いもの。

もう二度と牛角に行けない身体にされてしまった。

 

最後に

この記事は現在過去未来、すべての未払い残業代に苦しんでいる人の目に少しでも触れ、「私も動いてみようかな」と思う勇気・原動力のほんの少しのきっかけにでもなってくれれば、という思いで執筆しました。

「有料noteにでもしてお金を取ればいいじゃん」という声もありましたが、上記の理由から無償での公開とします。

 

このような経験をすると世間の見え方も少し変わるもので、どうやら世の中には「未払い残業代に利息がつくなんて知らなかった」「退職してしまったら未払い請求できないと思っていた」という認識の人は少なからずいるようです。中には「残業代は会社が温情でくれるものという認識だった。労働基準法で規定されているとは知らなかった」といったブラックな刷り込みを受けている受けている人にも出会いました。

 

違法労働を許してはいけない。あなたの1分1秒は無価値ではありません。

そんな方々の手がかり、足がかりに少しでもなることができればこれ以上の幸せはありません。

 

以上

 

 

 

このブログについて

 

オタクの備忘録です

 

未払い残業代回収シリーズ

●すべての始まり

 

●調子に乗って友人の残業代も回収

 

残業代で行った南米ボリビアシリーズ

●準備編~ウユニ突入回


●ウユニ塩湖でサイリウムや大閃光(UO)を焚いた回


●日本では違法のコカ(コカインの原料)でラリった回


●帰国途上でロストバゲージしたりした回

 

趣味の交通系ICカード集め・解説(気が向いたら更新)

●導入編


●関東編

 

●中部編


 ●近畿編

そのうち

 

単発シリーズ

●珍獣屋に行ったけど後編を書き飽きたやつ


喫茶マウンテンの4大マウンテンを1日で制覇したやつ


●うんこミュージアムでいたく感激したやつ

 

 

 

 

「うんこミュージアム」にはもう行った?羞恥心なんか捨ててかかってこい

f:id:pegumo931:20190324022824j:plain

ale-box.com

 

いま横浜で静かな賑わいを見せている「うんこミュージアム

みなさんはもう行ったでしょうか?

まだ行ってないあなたは大変幸運です。

なぜならこれからあの””衝撃””を味わうことができるから。

うんこだけに幸『運』ってね

 

四方八方をうんこに囲まれたうんこだけの世界。

常に耳に入ってくるのは老若男女の\うんこ~~!!!/という叫び声。

「想像しただけで地獄」と感じたあなた。あなたの感覚は正しい。

でもそれは同時に正しくない。

 

羞恥心、世間体、社会通念。

「周りがやってるから」「みんながやっていないから」

これらはあなたがこれまでの人生で後天的に身につけた常識と呼ばれる概念です。

常識だからこそ人前で「うんこ」の話なんて易々とするものではない。正しい。

 

じゃあ「周りにうんこしかない」「みんながうんこの話しかしていない」。

そんな世界があったらどうでしょうか。

果たして、あなたは『うんこが恥ずかしい世界』の常識を保てるでしょうか。

 

その答えが「うんこミュージアム」にはある。

 

続きを読む

交通系ICカードに魅せられた男の記録【中部編】

俺の俺による俺のためだけの交通系ICカード備忘録。

第2弾は中部編です。

f:id:pegumo931:20180910225829p:plain

突然ですが問題です。

中部地方には何枚の交通系ICカードがあるでしょうか?

ヒント:全部で「9県」あります。

 

はい、答えは13枚です。馬鹿か。

関東出た瞬間に群雄割拠の様相を呈するのやめろ。

どんどん得体の知れない個性的なカードが出てきます。ワクワクしますね。

 

それでは今日も私と一緒にどんどんICカード沼に沈みましょう。

続きを読む

交通系ICカードに魅せられた男の記録【関東編】

交通系ICカード紹介記事、記念すべき第1弾は関東編です。

f:id:pegumo931:20180917220443p:plain

関東のICカードは本当に素直なものが多いです。

基本的にSuicaPASMOがあればまあ困らない。

入手難度も全体的に低め。うーん便利。

 

(導入編はこちら)

pegumo931.hatenablog.com

続きを読む

交通系ICカードに魅せられた男の記録【導入編】

f:id:pegumo931:20180908222248j:plain

交通系ICカードの魅力

突然ですがみなさんは交通系ICカードを持っているでしょうか。

そう、Suica、とかPASMO、とかのアレです。

私は持っています。

 

40枚くらい。

 

どうです?話を聞きたくなりましたか?(クソ雑導入)

続きを読む

君はもう名古屋の""山""を登ったか!?喫茶マウンテン『糖』頂記

f:id:pegumo931:20180611224315j:plain


 

喫茶マウンテン』。

その名も高き喫茶マウンテン

モーニングをはじめとした時代の最先端の喫茶店文化を輩出する名古屋には、「甘口抹茶小倉スパ」など、他ではお目にかかることができない稀有な料理(ポリティカルコレクトネス)を次々生み出し、数多の野次馬を屠ってきた喫茶店がある。

界隈では、それらのメニューを完食することを『登頂』、一人で完食することを『単独登頂』と称し、成し遂げた者を絶賛する一方で、お残しをした落伍者を『遭難者』と呼び捨てる文化すら存在する。それが喫茶マウンテンである。

 

そしてここにはスタンプカードが存在し、4つのやべー珍しい甘口スパをそれぞれ単独登頂した者は『完全登頂』の称号を手にすることができるのである。

f:id:pegumo931:20180611212438j:plain

 

称号が欲しい・・・・・・。 

だが名古屋に行く機会は早々あるものでもない。

私は2年前に「甘口抹茶小倉スパ」を堪能したが、それ以来名古屋に足を踏み入れる機会には恵まれていないのだ。

未登頂はあと3つ・・・

 

3つ・・・・・・?

 

1日で3皿食べたらいいじゃん(悪魔的発想)

 

己との戦い、そして””対話””の記録、はっじまるよー

 

続きを読む